お知らせ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.12.11 
活動レポート
【活動レポート】「ルワンダ運動会の聞くだけじゃない楽しい報告会」を開催いたしました。

11月30日(土)に、JICA地球ひろば(東京都新宿区)にて「ルワンダ運動会の聞くだけじゃない楽しい報告会」を開催いたしました。今年10月に東アフリカのルワンダ共和国で開催した運動会について、プロジェクトの支援者や関心をお持ちの方に向けて活動報告をするためのイベントです。22名(参加者13名、ボランティアグループ「TASUKI」スタッフ5名、スタッフ4名)が会場に集まり、アイスブレイクのミニ運動会と、現地に出向いたスタッフによるレポートや撮影した動画を上映しました。

はじめに、プロジェクトスタッフとボランティアグループ「TASUKI」スタッフによる自己紹介。続いて、記憶力を試されるゲーム形式の自己紹介を参加者の皆さんと行い、会場の雰囲気をほぐします。

続いては、アイスブレイクのためにルワンダのコーヒー豆を使った運動会。報告会と聞いていた参加者も予想外の展開に驚いた様子。箸やスプーンを使ってコーヒー豆を運ぶ2種類の競技を行いました。実際に参加して運動会の臨場感を肌で感じ、報告会の参加者全員が一体になりました。

そしてルワンダ運動会の報告が始まります。まずは、ワールドキャラバンの活動趣旨やこれまでの活動について、そして、ルワンダ共和国で運動会を実施することになった経緯をお伝えしました。今回、10月7日〜19日の日程の中、3回運動会を実施しました。応援旗の布を子どもたちがマントにしてしまったり、現地の美術の先生のライン引きがとても上手だったり、楽しいエピソードが盛りだくさん。運動会の様子の動画も上映し、子どもたちの弾けるような笑顔や声援、小さな体で玉入れや綱引きを一生懸命する姿など会場全体も笑顔になり、終始和やかなムードに包まれました。今回の運動会実施を受けて、現地の先生方からの要望もあり、運動会を現地の学校主催で行えるよう、今後も運営方法のレクチャーやマニュアル提供などの支援を続けていきます。

報告会終了後には、「おりがみメダルプロジェクト」として参加者の皆さんにメダルを作成していただいたり、キテンゲ(アフリカの布)を使ったチャリティーグッズを購入していただいたり、参加者の皆さまから今後のUNDOKAIワールドキャラバンの活動への支援をいただきました。また、報告会後、懇親会も行い参加者だけでなくスタッフ・ボランティアスタッフも情報交換やコミュニケーションを楽しみました。

今回はUNDOKAIワールドキャラバンに関わるスタッフ全員が、今後の活動に勇気をいただける報告会となりました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

UNDOKAIワールドキャラバンでは、今後も運動会開催に関するお知らせを継続的に行い、チャリティイベントの開催など、皆さんに楽しみながら支援していただけるよう活動の幅を広げて参ります。

ボタンお知らせ一覧へ

月ごとに見る